So-net無料ブログ作成
検索選択

久能山東照宮 [旅]

徳川家康を祭った・久能山東照宮を参拝。

徳川家康と言えば天下を統一し、江戸幕府を作った人。
家康.jpg

だから、神として祭りたてられて
駿府の守り神として、久能山に祭られており
江戸の守り神として、日光に祭られている。
鬼門の方角から邪気からは、多分未だに静岡東京
守っているとは思うけど、幕末の薩長や戦時中の米軍の
爆撃から帝都を守ることは出来なかった。(もっとも、そんなの
家康公も想定しないだろうけど・・・)

本殿.JPG
こんな立派な本殿を、2代将軍秀忠は1年ちょいで作ったらしい。

墓.JPG
これが、お墓です。

 

3茄子.JPG
家康が愛した物第3位の三保の茄子。

 

お神酒.JPG
神社とお酒をセットにした先人は偉大だ!

 

それと、徳川家康は天下を取ったけど、幼い頃から人質生活や
天下布武を目指した人のパートナーとして、あっちこっちを
部下同然で転戦し、パートナーに言われるままに妻子を殺したり
と苦労をしてきた人。

それが東照宮のパンフに載っていた時世の句にも表れていた。
「人の人生は重荷を負て遠き道をゆくが如し、
急ぐべからず。不自由を常と思えば不足なし。
心にのごみおこらば、困窮したる時を思うべし。
堪忍は無事長久の墓。怒りは敵と思え。
勝つ事ばかり知りて負ける事を知らざれば
害其の身に至る。
己を責めて人をせむるな。
及ばざるは過ぎたるよりまされり。」

 

久能山東照宮

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。